グリーンカレーに使う熱帯のハーブ タイバジル

タイバジル

スイートバジルよりも強い香りが人気!グリーンカレーなどタイ料理に使うバジルです。

料理用としてダントツ人気、夏を代表するハーブです。東南アジアからインドにかけての熱帯地域が原産地なので日本の夏が大好き。地中海沿岸地方原産のタイム、ラベンダー、ローズマリーなどが夏の日差しと蒸し暑さに負けてしまう中でバジルはぐんぐん大きくなります。


タイバジルの育て方

風通しのいい日なたで育てます。土の表面が乾いたらたっぷり水をやってください。

日あたりがよく肥沃で水はけのよい土で育てます。土には堆肥を十分に。表土が乾いたら水をたっぷりあげて土を乾燥させないようにしてください。間引きしながら丈夫な苗だけ残します。本葉が5~6枚出たところで芯止めをして脇芽を出します。それを繰り返すとこんもり繁った香り豊かな葉がたくさん採れます。収穫を続けるには花は咲かせないようにし花穂はその都度摘んでください。平均気温15度以下では生育が停滞し10度以下では枯れてしまいます。

メモ:花芽をこまめに摘むと柔らかい葉を長く楽しめます。


タイバジルの使い方

スイートバジルがピザやパスタなどイタリア料理に向いているのに対して、タイバジルは生葉を炒め物や煮物など特にタイ料理やエスニック料理に使います。タイバジルでぜひ、グリーンカレーを作ってみてください。スイートバジルに比べて香りが強く、葉はアニスやクローブのような香りがします。茎は紫色で同じく紫色の花を咲かせます。

【ポタジェガーデン】公式サイト

ハーブの苗と食用フレッシュハーブを生産・販売している埼玉のハーブ専門農場「ポタジェガーデン」です。1982年の創業以来、ミント、バジル、ローズマリー、タイムなどの人気品種から、パクチー、イタリアンパセリ、ロケットなどの食用ハーブ、そしてチコリやフェンネルなどのキッチンハーブを東京を始め全国に展開。ハーブの名前に始まり、ハーブの育て方・使い方、ハーブティーやハーブ料理、人気ランキングを紹介しています

株式会社ポタジェガーデン

菖蒲農場:埼玉県久喜市菖蒲町字小林

小諸農場:長野県小諸市大字塩野

千倉農場:千葉県南房総市千倉町大川