ハーブ栽培3つのポイント

1.ハーブを育てるなら、苗からが簡単!

植物を育てる上で、いちばん神経を使うのが発芽から苗になるまで。

またハーブは、毎日の暮らしに役立てることが大きな楽しみのひとつです。ですから使えるまでの期間を短くする意味でも種ではなく苗の購入をオススメしています。


2.育てる環境は原産地を参考に

原産地は、寄せ植えのヒント!同じ原産地の品種は、同じ環境で育つので一緒に育てやすいのです。

<熱帯アジア>暑さに強く、寒さに弱い。寒冷地での越冬は屋内で。

<ヨーロッパ>やや肌寒い環境を好み、夏の高温多湿は苦手。

<地中海沿岸>乾燥して涼しい気候を好み、夏の高温多湿は苦手。


3.とにかく楽しむことから!

ホームセンターや専門店に行くとたくさんの土や肥料が置いてありますが、あまり深く考えすぎずに選んでいただきたいと思っています。大切なのは、どう楽しむか! ハーブティ、お料理、ガーデニング…。好きなように楽しめるのは、ハーブの楽しみ方でもあります。

育てよう

今月の人気記事

株式会社ポタジェガーデン

菖蒲農場:埼玉県久喜市菖蒲町字小林

小諸農場:長野県小諸市大字塩野

千倉農場:千葉県南房総市千倉町大川